トライアスロン用バイクを初心者が購入する場合の選定条件

トライアスロン大会に出場するためのバイクとして、ロードレーサーを選ぶ方が殆どだと思います。

最近は、いろんなメーカーから安くて、軽く、初心者でも楽に乗れるモデルが増えています。

数万円のものも販売されており、始めるにはこれらの扱いやすいバイクでも十分でしょう。

では、初心者が購入する際には、どのような条件で選ぶと良いのでしょうか?

すでに形が出来上がっており、すぐに乗れるバイクを基準にし、各パーツの種類も交えてご説明していきます。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

初心者用バイクセット

初心者用として、すでに形が出来上がっており、調整程度ですぐに乗れるものです。

よく、スポーツ用品店やサイクリングショップに飾ってありますが、場合によってはそのまま乗って帰れます。

材質も一般的なカーボンで出来ている場合が多く、車重が10キロを切るほどの軽量モデルもあり、大会でも使用可能です。

しかし、練習などで距離を乗ると、次第に違和感を覚える部分が出てきます。

ペダルが撓る、シフトミスが起きる、シートが硬い、ブレーキの効きが甘いなど、筋力が付くに従って、気に入らない部分が目立つようになります。

我慢して乗っていても良いのですが、あまりにも気になる場合にはグレードアップすることをお勧めします。

各部の違和感に対して

乗り続けているうちに、いろんな部分が気になるようになりますが、代表的なものの対処方法を記載しておきます。

ペダルの撓り

シートに座って漕ぐ、シッティングでは分かりにくいのですが、立って漕ぐダンシングを行うと分かる場合があります。

より強い力でペダルを漕ぐと、左右のペダル間を繋いでいる軸のフレームが力に負けてしまうため、このような現象が起こります。

経験上、折れるのでは?との不安があったので自転車やさんに持ち込んだところ、ペダルの部分の強度は不足しているので軸の部分から、より剛性の高いものに交換を勧められました。

結果、ダンシングをしてもペダルの撓りが無くなり、思い切って漕ぐことができるようになりました。

シフトミス

ワイヤー式のシフターでは良くあることですが、ワイヤーは使っているうちに伸びて来ます。

すると次第に、狙ったギアの位置からズレ始め、ギアが勝手にシフトしたりすることになります。

最悪の場合、勢い余ってフラ付いたり、転倒することも考えられますので、きちんとメンテナンスすることをお勧めします。

お金があれば、電動式に変えることでシフトミスが無くなりますので、一考しておくと良いでしょう。

シートが硬い

ロードレーサーのシートは、硬くて薄いため、シートにあたる股の部分が痛くなりやすくなります。

それに、特に男性は前立腺のある部分が当たるので、バイクから降りた後の違和感も気になるところです。

この場合は、別売りのシートの真ん中に溝が入っているものや、厚みのあるシートに変えると良いでしょう。

ブレーキの効きが甘い

リムブレーキに多い現象ですが、リムをブレーキで挟んでいる構造上、パッドが減りやすく変形しやすいという特徴があります。

こまめにチェックをするなどして、きちんと効くようにしましょう。

ディスクブレーキで多いのが、ディスクとローターとの間が開きすぎて異物が挟まっている場合です。

効きが悪い場合は、隙間を確認したり、分解してディスク歪みなどの異常が無いかの確認が必要です。

ブレーキの効きが甘いと、いざと言う時のパニックブレーキで怪我をすることにもなりますので、きちんと整備しておきましょう。

因みにブレーキは大会でも確認される場合があり、整備不良だと参加できないこともあるので要注意です。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

triathlon-winレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする