トライアスロンのスイム練習をプールで行う場合の注意点

トライアスロンのスイム練習は、主に近所の市民プールやフィットネスクラブのプールで行うことになると思います。

この時、プールのように波を気にする必要が無い場所では、息継ぎは体の横で行うことになりますが、トライアスロンでは役に立たない場合があります。

逆に、かえって自分の進むべき目標を見失い、コースアウトする可能性もあり、ムダな体力を使うことにも繋がりかねません。

では、プールで行われる泳ぎ方とトライアスロンでの泳ぎ方は、何が違うのか?を解説して行きます。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

オープンウォータースイムとは?

プールなどの構造物で囲まれたコースを長水路や短水路、と呼びますが、よくみる競泳を行う場所としてご存知だと思います。

対して、何にも囲まれていないエリア、つまり湖や海をオープンウォーターと呼びます。

その大きな違いとしては、プールはコースが区切られ自分の進むべき方向も分かるようになっており、下を見たまま泳ぐことが出来ます。

それに波も殆ど立たないので、横に流されるなどと言う事も起こりません。

対して、オープンウォーターでは、コースラインは無く、気象条件によっては波も高く、目標とするブイも見えないことも多くなります。

このようにプールでの条件と大きく異なり、プールでの泳ぎ方が全く通用しない可能性も高くなります。

それにもう一つ大きな違いが、淡水、つまり真水と海水となります。

ただのしょっぱい水だろう、と侮ると大変なことになりますが、一例として海水が定常的に口に入ることにより、口の中が炎症を起こす可能性があります。

簡単に言うと、口の中がただれたようになり、大会後数日は食べ物が噛めなくなったりしてしまいます。

これは重症の場合ですが、軽傷でも味の感覚がマヒするためちょっとした違和感を感じるようになります。

顔を水面前方に出さないと目標を見失う

オープンウォーターで泳ぐ場合、気象条件により波が高くなると言いましたが、場合によっては2~3メートルやそれ以上に達することもあります。

台風級の高い波の場合は、危険ですので中止になったりデュアスロンに変更されますが、2~3メートルなら競技が行われると考えておいた方がいいでしょう。

ここでプールのように横で息継ぎをした場合どうなるでしょうか?

波が来る方向で息継ぎをした瞬間に波を被ったら、むせてしまい泳ぐこともままならないでしょう。

それにプールのようにコースラインが海底に引かれていませんので、自分で前方を確認しながら進む必要が生じます。

つまり遥か遠くの折り返しなどの目印になるブイを、見ながら進むことになりますが、顔を前方に向けないと見れません。

体の横で息継ぎをし、腕を前に出すタイミングで顔を上げて、そのまま前方を見るようにすると前方が確認できます。

時間にして1秒か2秒程度ですが、時々このようにして進むべき目標を確認しないと、あさっての方向に自分だけ進みコースアウトすることも考えられます。

場合によっては、監視員にも気づかれず、気が付いたら流されて遭難していた、なんてこともあり得るので非常に危険です。

必ずオープンウォーターでの泳ぎ方をマスターした上で、大会に出場することをお勧めします。

なお、トライアスロンでは、プールより湖や海などのオープンウォーターで泳ぐ大会が一般的ですので、心得ておくといいでしょう。

もうひとつ予備知識になりますが、湖や海には浮遊物や泥が堆積しており、皆が泳ぐことで巻き上げられ視界が極端に悪くなることもあります。

方向感覚が無くなりパニックの原因ともなりますので、このような泳ぎ方を覚えておかないと完泳は難しいでしょう。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

triathlon-winレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする