トライアスロンの効率的なポイント練習

トライアスロンはスイム、バイク、ランの3種目から構成されているのはご存知だと思います。

ですが、全ての種目の練習をゆっくり時間を掛けて行うことは、会社勤めしている社会人には到底無理なことでしょう。

1種目でも集中的に練習メニューを考えないと、せっかくの練習時間をダラダラと過ごすことになり、結果が芳しくなくなり、興味が無くなってしまうでしょう。

限られた時間で、有効に練習をし、目に見える結果で現れた時の喜びは何物にも代えがたいものになる筈です。

では、どのようなことに中止ポイント練習をすればいいでしょうか?

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

スイムのポイント練習

スイムでは、クロールがスタンダードな泳法ですが、トライアスロンの泳ぎ方はプールとは少し違います。

プールでは、腕のかきと足のキックを使いますが、距離が長いトライアスロンの場合、そのような泳ぎ方では直ぐに体力を消耗してしまいます。

それに、キックを使うと言う事は足の筋肉を使うと言う事ですので、次のバイク以降は足が言う事を聞いてくれず、痙攣や力が入らなくなる原因になります。

それを解消するために、キックをあまり使わず、腕のかきに重点を置いて進むようにします。

キックは、腕のかき2回に対して1回程度、体力の消耗を感じたら更に頻度を落とすようにしましょう。

こうすることで、バイク以降の種目のために足の筋肉を温存することが出来ます。

バイクのポイント練習

バイクは、距離が40キロと、普通に考えても長いと感じます。

この距離を走る訳ですが、平地でも平均時速30キロ以上を保たないと好タイムは望めません。

因みに日本では自転車競技を行う機会が少ないためか、この種目が得意と言う人はあまりおらず、次のランに繋ぐ程度と考えている人が多いようです。

最近は、ビンディングシューズを使用している方が殆どだと思いますが、足を押す時だけでなく、引く時も力を入れることが出来、効率的に筋力を使う事が出来ます。

しかし、逆に言うと引きを多用すると、ランで使う部分の筋肉を消耗することになるので、押す力の補助程度に使うことを意識した方がいいと思います。

主にケイデンス(ペダルの回転数)を意識した練習が必要になりますが、ペダルをスムーズに回せるようにする練習が必要となります。

軽めのギアで、ペダルを速く漕ぐことが出来るようにしておくと、いざ大会の時でも足の筋肉を消耗しないで済むようになります。

ランのポイント練習

ランは、最後の種目と言う事で、全力を出すことになりますが、マラソン人口が多いと言う事もあり、皆さん速いタイムを記録するようです。

このランにたどり着くころには、スイムとバイクで体力を消耗しきっている方が多いのですが、まれに今までの消耗を感じさせないほど速い人もいます。

ランで速く走るには、それまでのスイムとバイクで消耗しない方法を実践することも大事ですが、普段の練習方法にも工夫をしています。

走るだけと言う事で、ジョギングのようにゆっくり距離を走ればいいという訳ではありませんし、その練習ではタイムは伸びません。

きちんとスピードを意識して、練習しないといざスピードを出そうとしても、大会では出せなくなってしまいます。

スピードを上げ、かつ体力を消耗しない方法のひとつに、腰を回転させるというものがあります。

ファッションモデルの歩き方が分かりやすいのですが、一本の線の上を歩くように、腰を捻り足を前に滑らせるようにしながらステップを踏むようにするといいでしょう。

よく駅伝やマラソンの選手が行っている走り方ですが、力をあまり必要とせず、効率的に足を前に進めることが出来ます。

力だけでなく、走り方にも気を付けて、体力を消耗しない練習をすると一人でも多く抜くことができるでしょう。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

triathlon-winレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする