トライアスロンの完走率と完走するためのトレーニングメニュー

トライアスロンは、広く一般的に”鉄人レース”と呼ばれます。

ネーミングからしても、敷居が高く、完走も簡単には出来ずリタイアする人が続出、という印象をお持ちでしょう。

確かに、スイムだけ取ってもスタンダードと呼ばれるカテゴリーでは、1.5キロ泳ぐことになります。

プールで泳ぐ場合でも25メートルプールを30往復ということで、ちょっと腰が引けてしまいます。

時間にしては、早い人で15~20分ほど、遅い場合はその倍以上掛かってしまう事でしょう。

疲労も激しく、特に100メートル、200メートルなど短距離でキツいと思っている方からすれば、至難の業に写るでしょう。

なお、一度知らない人に”1.5キロ泳ぐんですよ”と言ったら、”狂気の沙汰”と返されました。

何度も大会に出ていると、麻痺してそんなことも感じなくなるのかな?と思ったことがあります。

では、トライアスロン大会での完走率と、完走に必要なトレーニングについて解説していきます。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

ゆっくり行けば完走できるはず

大会に出場している選手は、皆さん速いです。

参考までに各種目の平均タイムを挙げますと、スイム:30分前後、バイク:90分前後、ラン:60分前後となり、トータルで3時間ほどが平均となります。

これだけ聞くと、速いと感じる方もいるでしょうから、分かりやすく単位時間当たりにしてみます。

スイム:50メートル/分、バイク:時速25キロ、ラン:6分/1キロとなります。

ある程度の経験者からすれば、それほど速くないと言った感じのスピードになるでしょう。

ただ、初心者にとってはこれでも速いと感じるでしょうから、トータルで4時間ほどをめざし、全体のペースを落とすといいでしょう。

自分のペースを守って、ゆっくり行けば完走することはそう難しくは無いはずです。

完走できないとすれば、オーバーペースによるスタミナの限界や、熱中症などの対策不足など考えられますので見直すようにしてみてください。

効果的なトレーニング方法

初心者向けに解説しますが、とにかくゆっくりでも良いので、完走できる体力と自信をつけるようにしてください。

各種目がある程度できる様になったら、大会の1/4や1/2の距離で通しで行ってみるといいでしょう。

徐々に距離を伸ばしていけば、自然にスタミナが付き、いつの間にか完走することができる様になります。

経験では、ランだけ取っても初めは3~4キロ程度でへばってしまい、10キロ走ることができませんでした。

スイムも200メートル位で中断、バイクに至っては20キロも走ると足が攣る有様でした。

この状態で大会まで半年という時点での状態でしたが、2ヶ月ほど前には各種目ごとに、規定の距離をクリアすることができました。

1ヶ月前には通しでも問題なく完走でき、自信に繋がり気持ち的にも落ち着いた記憶があります。

だたし、ペースは度外視で、完走することを第1に考え大会に望みましたが。

初めはゆっくりで結構ですので、規定の距離をクリアできるように練習を積んでいくようにしてみてください。

関門について

ゆっくりでいい、と言った手前、この話をするのはぬか喜びとなってしまうのですが、事前情報として知っておいたほうがいいのでお伝えします。

余程のビギナークラスの大会でなければ、ほとんどの大会には関門タイムが設けられています。

市民マラソン大会でも同様ですが、一般道を閉鎖、もしくは規制してレースを行うため、あまり規制を掛けておくことができません。

逆の立場で考えたら、”みんなの道路を封鎖して何やってるんだ?”とクレームが来ることも考えられます。

時々、警備員の指示を無視してコースに侵入し選手を轢いてしまったり、大会の運営委員会に言いがかりを付けたりと、言ったことが聞かれます。

このように、迷惑と考えている方もいるので、いつまでも道路を封鎖しておけないのです。

ということで、実際には関門タイムというものが設けられ、制限時間無いにクリア出来ない場合は、失格となります。

スタンダードの大会を例にして挙げますが、目安としては、スタートしてからの時間は以下のようになります。

スイム:1時間、バイク:3時間、ラン(ゴール):4~5時間が一般的。

大会のレベルや、コースの設定状況によっても変わりますが、これが一つの目安になります。

のんびりしすぎて失格にならないように、ゆっくりとは言え、クリアできる最低限のスピードは確保できるようにしましょう。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

triathlon-winレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする