トライアスロンのバイクフレーム違いによる特徴

トライアスロンにはバイクという種目があります。

つまり自転車に乗る、ということになりますが一般的に使用されるのは、ロードレーサーと呼ばれる競技用自転車です。

ロードレーサーと言っても多種多様ですが、より舗装路でスピードを出すことに特化したものになります。

これから更に分類されますが、競輪選手が使うギア変速無し、ブレーキの無いピストバイク。

自転車ロードレースで使用される、ギア変速あり、ブレーキありのタイプに分けることが出来ます。

トライアスロンで使用される自転車は、後者と言う事になりますが、最近ではフレーム形状の違いや、材質の違いでより高性能になっています。

では、トライアスロンで使用するのに最適な自転車は、何がいいのか種類ごとに説明して行きます。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

材質違いで軽量化

材質は主に3種類に分けられますので、それぞれのメリット、デメリットを書いて行きます。

鉄合金(鋼と呼ばれる特殊鋼)

昔からあるオーソドックスな材質ですが、ママチャリや安価な自転車に使われる程度で、競技用としては現在はあまり使われていません。

メリット:強度が高い、安価、生産しやすい、耐久性が高い

デメリット:重い、錆びやすい

カーボンファイバー(炭素繊維、FRP)

比較的新しい材質ですが、現在の競技用自転車の殆どで採用されています。

メリット:軽い、形状の自由度が高い(いろんな形に設計できる)

デメリット:高価、保守点検などが難しく専門知識が必要

アルミニウム合金

ここ数年急速に需要が伸びてきた素材ですが、長く使うにはいろいろ難ありと言った印象です。

メリット:軽い、錆びない、安価

デメリット:腐食が起きる、金属疲労の限界点が低いため、寿命が鉄やカーボンと比べ短い

その他

チタンやマグネシウムなど、最近の技術の進歩によって開発されている素材もありますが、高価であったり、加工が難しい、などのデメリットがあり一般化していない。

ただし、今後技術的な問題が解決されれば、鉄やアルミを凌ぐ素材として注目されるでしょう。

フレーム形状で空気抵抗を減らす

フレーム形状も、一昔前に一般的だった円状一択だったのが、材質の変化によって自由度が持たせられるようになってきました。

これに伴い、より空気抵抗を減らせるような形状に変化してきていますので、より選択肢が増える傾向にあります。

自転車の乗っている時の最大の敵は空気抵抗で、体を前傾させた時と、直立させた時でのスピードの違いは一目瞭然です。

向かい風の中で自転車を漕いでいても、同じように抵抗になり、前に進まなくなるというのも経験していると思います。

このように体の姿勢によって、空気抵抗が変わるのはよく知られており、姿勢が重要で空気抵抗の7割は姿勢であると言われています。

残りの2~3割は、自転車フレームの空気抵抗と言う事になりますが、この空気抵抗も減らしてしまおうと言うのが狙いです。

プロはたとえ1グラムの重量でも重要と考えますが、空気抵抗も少しでも減らしたいと言うのが本音の様です。

円状断面のフレーム

昔からあるタイプですが、鉄合金では形状の自由度が無かったため仕方が無かった、と言えます。

今でも安価なロードレーサーでは、円状断面となっており空気抵抗は大きいでしょう。

ひし形や楕円フレーム

ちょっと前に流行したものですが、フレーム形状を前から見て薄くし、横から見ると幅が広い形状にしたものです。

アルミ素材の出現とともに、空気抵抗を減らそうと考えて加工されたわけですが、その効果もあり次第に普及して行きました。

エアロロード

最近良く聞く自転車のカテゴリーですが、バイク自体の空気抵抗をかなり減らしたものになります。

バイク自体で空気抵抗を減らす、と言うコンセプトで開発され、空力学を駆使した設計がなされているのが特徴です。

よってフレームを薄くしただけでは無く、ホイルもディスクに近い形になっており、空気抵抗をより減らす事が出来ます。

ただし、フレームだけでも30万円以上と、ちょっと高嶺の花になっているのが痛いですが。

このように材質やフレーム形状で、重量を軽くしたり、空気抵抗を減らしたりとたくさんの選択肢があります。

ただ注意していただきたいのが、高価であればいい自転車かと言うとそうでもなく、乗りこなせない可能性もあります。

自分の乗り方に合う、乗っていて楽であるなど、自分の目的に合う1台を探してみてください。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

triathlon-winレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする