トライアスロンはドロップハンドル以外は認められないか?

トライアスロンには、自転車に乗るパートがありますが、自転車は基本的にロードレーサーとなります。

JTU:日本トライアスロン連合のレギュレーションとしては、バイクにはドロップハンドルが基本、との記載があります。

ただ、ニュアンスが微妙で、ドロップハンドル必須なのか、努力義務なのかが明記されていないため戸惑ってしまいます。

過去の経験上では、ドロップハンドルであるロードレーサー意外にの自転車でも問題は無いようでした。

フラットハンドルのクロスバイクも、特に注意されているのは見たことがありません。

また、スピードと言う点でデメリットとなってしまいますが、マウンテンバイクやママチャリで出場している人も見かけました。

ロードレーサーを購入する資金が無いとか、特別な事情が無いと、わざわざ出場しようという気にはなれませんが。

どうしてもと言う方は、大会によっても多少の違いがあるので、事前に確認しておいた方が無難です。

全ては自己責任と言う事で、大会に出場する際のバイクの注意についてご説明して行きます。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

ドロップハンドルでも、これはどうか?と思う事例

ドロップハンドルが基本となっていますが、では、フレームについての規定は無いのだろうか?と考えてしまいます。

ハンドルさえドロップであれば、何でもよいことになってしまいますが、この辺は、個人の解釈の違いによるもののようです。

正直なところ、どんなに早く漕いでもスピードが出ない自転車に、わざわざドロップハンドルを付けるメリットを感じません。

そもそもドロップハンドルは、姿勢を低く前傾にして空気抵抗を少なくする目的から生まれています。

最近街中では、ドロップハンドルを小径タイヤ自転車や、折りたたみ自転車に付けている例を見ますが、ファッションの一部として考えているようです。

ただ、中にはギアを変えて高速仕様にしていたりと、スピードを出せるようにしているものも見かけますが、競技に出るにはどうかな?と言った感じがします。

ハンドルだけでなく、自転車のフレームなどもきちんと競技用のもので考えておくと、よりドロップハンドルの特性を生かせると思います。

最近多い違反事例

トライアスロンに出るため、バイクは基本的にロードレーサー+ドロップハンドル、ということで一般的に認知されています。

どのバイクも同じようなギア比(前と後ろのギアで決まる比率、力orスピード重視を決めるもの)になっており、後は走る人次第ということになります。

毎日のように乗り、普通の人の数倍の力が出せるようになったりと、乗り手で決まる場合が殆どです。

しかし、最近は自分の力では無く、他の力を使って楽をしようとする事例も散見されるようになってきました。

その最たるものが動力ですが、電動アシスト自転車に代表されるように、最近の自転車は電装品が多くなっています。

よく見る例としては、電動アシスト意外に、シマノDI2に代表されるギアの電動変速装置、スピードなどを管理するサイクルコンピューターなど。

トライアスロンでは、このうち装着が認められていないのは電動アシスト機能で、あくまで自分の力のみで、という精神の元に考えられています。

でも、最近では少しでも楽をしよう、自分以外の力を使おうと、フレーム内に電池とモーターを仕込んで走ることも見受けられています。

気持ちは分からないでもありませんが、せっかくドロップハンドルで空気抵抗を減らしているのですから、自分の力のみで競技が出来るようにして欲しいものです。

スポンサーリンク
triathlon-winレクタングル大

triathlon-winレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする